“今日、この時間を中心として命令系統をひとつに統一しなければなりません。

統一教会全体において世界や韓国を中心として、中心がどんどん大きくなるか
今後、私のしていた仕事を代わりに委ねても大丈夫でしょう。

 

今、食口たちの中で信仰面からすべての面において、亨進の水準を超える人はいません。

わかりましたか? 任命するのです。”

 

 


文亨進世界会長就任式(2008.4.18)での(真のお父様の)み言・聖本伝授

 


“韓国的であり世界的、天宙的な美しく若い男女が立っていると思いながら自慢できる、我が家の将来の柱であり、この人の前に孝子、忠臣、聖人、聖子の道理が成立することを願い希望する中、皆さんが待ち望むみ旨が早く成就することを後援してくださるよう懇切に、懇切に、懇切にお願い申し上げます。アージュ。(全員アージュ)

 

近くに来なさい。「祝祷」とは何かというと、祝祷という言葉だけでも「祝祷」だというのである。

 

祝祷と共に、三時代の形状的、実体的中心格の三時代、旧約時代・新約時代・成約時代、蘇生・長成・完成この全てがその内容に連結し因縁づけられて関係が結ばれており、関係が結ばれれば理想的な愛の相対的な世界を抱くことができ、消化できる人々となれば万事亨通しうる歴史的な代表者となれることを通過します。

 

それゆえに、ここに父母様の授けたい全てのものの中で、先に授けたいものが何かというと、み言です。歴史的なみ言、父母様の愛なるみ言、父母様を中心として神様が所望されたみ言、そのみ言は言葉通りのみ言ではなく、言葉の核から、実体から、その次に形状、対象圏まで連結されたという神様が望まれた願いのみ言、父母様が望まれた願いを中心として実践したみ言、このみ言を代身として伝える者となって欲しいと、このみ言を授けるのであり、そのみ言の主人たる言葉だけでなく、その内容も重要です。そうでしょう?

 

「勝恨成就」という言葉があります。皆さん、アメリカのイーストガーデンに行けば、最初の門に「勝恨成就」誰の恨を解くのかというと神様の恨、根の恨、幹の恨、芽の恨、三時代の恨、旧約時代の恨、新約時代の恨、成約時代の恨。

 

後で皆さんが第4次アダム心情圏の恨の峠を通り越さなくてはならない。

それゆえに、ここに息子娘たちを代身として立てて与えたいみ言であると同時に、実体であると同時に今や残るべき天上世界に行って、第2次的な幸福者となり解放者となる、解放釈放の王子になるためには第4次アダム心情世界の、誰も知らず無視できないことを、この世界まで相続されることのできる息子娘が代身者となることを、皆が相続者に、忘れられた相続者の世界があることを知る皆さんにならなければなりません。この世界はほんのわずかな時間です。過ぎて行くのです。

その過ぎてゆく世界に関係を結んだものに何があるというのですか?

 

ここで結んだ世の父母、ここで結んだ世の中の因縁を中心とした師匠や王権や全ての全権、それらは皆なくなるのです。

 

この世界に躊躇することなく、天が願う最後の峠を越え勝者の代身者となり、勝者の相続者の4次心情の根の格の位置を相続し、天に侍ることのできる第三の皆さんの解放の心情世界が、皆さんが、真の父母もその道を行くのですが、皆さんが蕩減し、心情世界の準備する二次的なカイン・アベルの境界線を力強く超えて行かなければならない道が残っていることを知らなければなりません。わかりますか?

 

それゆえに、この場でみ言の内容を与えますが、父母様が持っている実体的な行動する実体験をここで授けるそのような場であるがために、もちろんみ言も貴重であり、父母様の私心も尊いけれど、

神様の私心の心情圏を超えに超えうる代身者、王子王女、相続者になろうとする信念を持ってほしいのです。わかりましたか?

(はい)そのような意味でこれを伝授するのです。(み言を伝授される)

 

三時代の天地が、この場に参席し祝福して下さることを、わきまえて下さることを願います。

     文亨進世界会長就任式・문형진세계회장취임식2008.4.18映像より